BOOKMARK

求人情報サイト「インテリア業界を目指す」

業界を概観してみよう

インテリア 求人インテリア業界というのは、住まいに関わる業種の中では人気の高い職業と言われています。それもそのはず、家づくりにおいて最終的にユーザーが目にするものほとんどはインテリアデザイナーやコーディネーターの仕事が多く、住み始めてから使うものも含め生活に関わる部分が多いからです。インテリアという言葉をはっきりと知らなくても、小学生くらいから、部屋の内装にはある程度興味を持つのではないでしょうか。自分の暮らしている家とは別の空間、例えば友達の家に遊びに行って見る部屋などから、部屋のありようには様々なパターンがあると知ります。そしてメディアや自分が目にするインテリアショップなどのイメージを通して、自分の住まいの理想を組み立ていく人も多いと思います。

全く興味がないという人を除けば、ほとんどの人が健全な関心を持つ事柄で、中にはインテリアにかけるお金には糸目をつけないというこだわりの人もおり、そのせいもあってか、インテリア業界に転職したいと夢見る人は多くいるようです。インテリアに関わる仕事を志すに当たり、転職活動を本格的に考える前に、求人情報を調べるのにも役立つ業界の知識を仕入れておくことは大切です。転職をするにあたり、どうしてもインテリアに関わる仕事がしたい、という人は、恐らく過去にもインテリア関係の仕事に就くことを検討したことがあったでしょう。わけあって別の職種で働いたものの、夢をあきらめきれずに転職を決意したのかもしれません。今就業中の仕事が全く畑違いに思える場合にも、広い目で見てキャリアとして活かすことは可能です。転職活動において、インテリアの仕事に直結するような実績をアピールできなくても、これまでの自分のキャリアから、今後の仕事に活かせそうなことをある程度抽出しておくとよいでしょう。

そのためには、インテリア関係の仕事にはどんな職種があるのか知っておくことです。インテリアデザイナーというのは総称で、これにはコーディネーターも含まれますし、インテリア用品をデザインしたり製造したりといった仕事もあります。また、家具に詳しくなって提案型のインテリアショップで働くという選択肢もあります。いずれも顧客やチームでのコミュニケーションは共通して求められるスキルなので、自分の経験を活かすよう努力しましょう。また、インテリアに近い業界にいた人、例えば建築関係などで仕事をしていた人は、職種をインテリアに絞るわけを明確にして、自分のスキルが今後の仕事にどう活きるかをアピールすることができます。